2020G1ジャパンカップ本予想3冠馬3頭激突!史上初レース!

G1

待ちに待ったジャパンカップ

年末に行われるグランプリ、有馬記念がすでに霞んでしまうほどの豪華メンバーが揃ったジャパンカップ

JRA史上初G1 8勝のアーモンドアイ

史上初父子共に無敗で牡馬3冠コントレイル

史上初無敗での牝馬3冠デアリングタクト

史上初、3冠馬3頭が同じレースに出走

今年は新型コロナウイルスが猛威を振るい、日本中・世界中が混乱に陥った中で日本の競馬界にとっても新しい歴史が刻み続けられた。

史上初の無観客競馬。

それこそが今年の多くの史上初を予測していたのかもしれない。

3強と言われて3強で馬券が収まることはあまりない。それが競馬。

しかし、今回の条件を全て取っ払って競馬をしたのなら3頭が確実に上位に来るでしょう。

今回の条件

それを踏まえた勝てる馬券をとりにいきたいと思います。

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
新聞掲載と同じ出走表などコンテンツ満載

今週の無料情報!公開中!

無料で勝馬予想!
穴馬券を当てる!

 

◎デアリングタクト

◯アーモンドアイ

▲カレンブーケドール

△グローリーヴェイズ

△ワールドプレミア

人気ブログランキングへ

消コントレイル

 

では、今回は県会までw

 

◎デアリングタクト

秋華賞で3冠となりすぐにジャパンカップ参戦を表明。調教師の杉山さんは「早いうちに負けてほしい」という。

その本意がどこにあるかわからないが、3強と言われる3頭でスムーズにこちらに参戦を表明したのはこの馬だけ。

デアリングタクトは秋2戦目となり、中5週で迎えるのは桜花賞→オークスと同じ。ジェンティルドンナがオルフェーヴルに競り勝ったように3歳牝馬の斤量面での恩恵もかなり大きいでしょう。

今年の3歳牝馬のレベルがそんなに高くない?

周りのレベルが高くなくとも、3冠を取る素質というのは確実に抜けている存在。コントレイルが走ったダービーとデアリングタクトが走ったオークスではコンマ3秒しか変わらない。直線で一瞬の隙間を狙った松山騎手には脱帽と行ったところ。

 

◯アーモンドアイ

やはり中3週を嫌い対抗評価にとどめる。現役最強馬を2年前のジャパンカップから欲しいままにしてきたアーモンドアイだが、これまでのレースはかなり間隔を開けて使われてきている。

そして昨年のドバイターフを勝って以来アーモンドアイは連勝できていない。やはり年齢もあるのだろう。

馬券を抜きにして1競馬ファンとして言うのであればここも勝ってアーモンドアイには有終の美を飾って引退してほしい。

 

▲カレンブーケドール

昨年と同じ1枠1番からの出走。昨年のオークスからG1を3回出走して3回とも銀メダル。同世代にラヴズオンリーユーが居なければ既にG1を取っていてもおかしくはない。

良い競馬をするが勝ちきれないイメージ。だからこそここまでの評価にとどまるが、内枠有利と言われるジャパンカップで今年はうちの馬場が荒れている。そこをどう走るかに注目したい。

 

消コントレイル

予想をするからには3強の中で1頭は消したかった。3頭で決まる可能性ももちろんあるが、ここは強気で消しにしてみたい。

コントレイルは言うまでもなく強いでしょう。しかしデビューしてから3ヶ月で3走した事がない。これまでしっかりと間隔を開けて乗ってけているからこそダメージがなくしっかりと結果を残せているのでしょう。

神戸新聞杯では確実に菊花賞も勝つだろうと言うような圧巻のパフォーマンスでの勝利。しかし、菊花賞1着→ジャパンカップ勝利の馬はこれまで居ない。それは3歳にして3000mという距離を走った後のダメージが見えないところに残っているからだろう。コントレイルに関して言えば、ゴール直前までアリストテレスと叩き合っている。敵距離ではなくあそこで勝ち切るコントレイルは本当に強いと思うが、逆に言えば道中ずっとアリストテレスに寄ってこられて直線でも叩き合い、初めての事に心身ともにかなりダメージがあるはずだ。

 

という事で、本当に楽しみなジャパンカップ!

3強と言われる3頭には本当に頑張ってもらいたいし、無事にレースを終えてもらいたい。アーモンドアイに関して言えば、このレースが現役最後のレース。勝ち負けに関わらず悔いのないレースで現役を退いてほしいと思う。

今世紀最大とも言っていい、もちろん死ぬまでの間にもうみられないかもしれない3冠馬3頭の激突。楽しむしかないでしょう!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました