美容室でのオーダー「刈り上げないくらいで」の意味 

美容室でのオーダー「刈り上げないくらいで」の意味 

美容室や床屋さんに行っているメンズでよくこの言葉を耳にします。

「刈り上げないくらいで」

ってオーダーでもよく言われるんです。

でも大多数が「刈り上げ」の意味を理解していないのですね。

 

では「刈り上げ」とは一体なんなのでしょうか?

「刈り上げる」「刈り下げる」といった僕たち施術者が使う技法のことです。

刈り上げ=バリカン

と思っている方もいらっしゃいますし、

刈り上げ=めっちゃ短いと思っている方もいらっしゃいます。

まず刈り上げ=バリカンという考え方は間違いですね。

そして刈り上げ=めっちゃ短いはあながち間違ってはいません。

だからこそ生まれるお客様との差。

 

刈り上げ=バリカンと思っている人は少なくなく、そんな人が「刈り上げないくらいで」というオーダーをしたときには、もちろん刈り上がらないくらいのカットをします。だからこそめちゃくちゃ短くしないように厚めの刈り上げをするわけです。

しかし、刈り上げ=バリカンと思っているお客様はそれに対して「長い!」と思うわけです。

そうなると僕たちはもう一度切り直しが始まります。

では最初からスムーズにオーダーするにはどうしたら良いのでしょうか?

「バリカンを使わず短めに刈り上げて欲しい」

最高に正解に近いオーダーです笑

これを言われるとある程度理解できます。

しかし「刈り上げないくらいで」というオーダーは人によってかなり長さの振り幅があるわけです。

もちろんそれをすり合わせた上で施術に入るのが一番ですが、新規の男性は「これ以上聞かないでくれ」というような方もいます。それでこちらのイメージとお客様のイメージが合えば良いですが合わない場合もちらほら。

そういう時は「最初から言ってよ」と思うわけです笑

別に悪口を言っているわけではありません笑

 

今はバリカンも0.1mm〜15mmくらいまでかなり幅広く置いてあります。ですのでバリカンの長さも指定してもらっても構いませんし、使わなくても平気です。

美容室でも働いたことあるし、床屋さんでも働いたことがありますが、美容室のお客様の方がしっかりとオーダーを言ってくれるイメージ。そして床屋さんはというと、いつもと同じで!と言われればそれまでなのでそれ以上突っ込んで聞けないのです。

本当はカウンセリングの段階ですり合わせることができるとお互いにとって良いのになぁと思う次第です笑

 

今日は美容室のオーダー「刈り上げないくらいで」を投稿させて頂きました。少しずつこちら側の本音や思っていることを記事にできたらなぁと思います笑

最後までありがとうございました!

美容師カテゴリの最新記事